太陽光発電

【福岡】太陽光発電の見積りを7社に依頼※陸屋根

太陽光

太陽光発電の見積り

2021年7月に太陽光発電をやってみたいと思って、トータル7社に見積もりを依頼しました。

なぜ、こんなにも多くの業者に見積もりを依頼したかと言いますと、一般住宅の屋根に太陽光パネルを設置して太陽光発電を開始するには100万円~300万円程度の費用が掛かります。

金額的に大きな買い物になるので、色々な業者さんと話をして、慎重に検討する必要があると思ったからです。

(1)家電量販店A

太陽光発電 見積書 太陽光発電 見積書

2021年7月18日

見積り1

メーカー:Panasonic

容量:4.03kw

パネル枚数:16枚

蓄電池:なし

施工方法:アンカー施工

金額:206万7991円

※1kwhあたり51万3149円

見積り2

メーカー:Panasonic

パネル枚数:20枚

容量:5.04kw

蓄電池:なし

施工方法:アンカー施工

金額:247万8424円

※1kwhあたり49万1750円

感想:とりあえず高い。どう考えても、1kwhあたり約50万円はぼったくりです。また、ここの家電量販店の営業の方は、知識も全くありませんでした。

なので、見積もりを持ってきたその日にお断りしました。

(2)家電量販店B

ここの対応は非常に良かったです。

最初に営業の方1人と職人の方2人の合計3人でいらっしゃって、色々なことを教えてくれました。

しかしながら、見積りを依頼してから1ヵ月以上経過しても見積もりが出来上がらなかったので、断りました。

(3)業者A

太陽光発電 見積書 太陽光発電 見積書

2021年7月16日

見積り1

メーカー:Panasonic

容量:4.53kw

パネル枚数:18枚

蓄電池:なし

施工方法:アンカーレス施工

金額:174万円

※1kwhあたり38万4105円

見積り2

メーカー:Qセルズ

容量:4.70kw

パネル枚数:20枚

蓄電池:なし

施工方法:アンカーレス施工

金額:150万円

※1kwhあたり31万9148円

アンカーレス工法

感想:ここで初めて屋上の屋根にアンカーを打ち込まない”アンカーレス施工”という施工方法をしりました。うちの家は両親の建てた家なので、できるだけ屋根にダメージを与えない施工方法でお願いしたかったので、こちらの業者が一気に有力候補になりました。しかしながら、自宅の屋根の中央部分には凸凹があり、この施工方法だとパネルが飛ばされるリスクがあったので、最終的にお断りすることになりました。

(4)業者B

タイナビの一括見積りで紹介して頂いた業者です。

最初の電話対応が非常に悪かったので、電話が終わった後にメールで断りの連絡を入れました。

(5)業者C

タイナビの一括見積りで紹介して頂いた業者です。

しっかりと対応してくださったんですが、自宅の屋根の中央部分が凸凹しているということで、業者さんの方から断りの電話が入りました。

どうやら、うちの家に太陽光パネルをアンカーレス施工で設置するにはリスクが高すぎるようです。

この段階で、自宅の屋根に太陽光パネルをアンカーレス施工で設置することを諦めました。

(6)業者D

2021年8月5日

見積り

メーカー:Qセルズ

容量:3.195kw

パネル枚数:9枚

蓄電池:なし

施工方法:アンカーレス施工

金額:128万円

※1kwhあたり40万625円

感想:見積書は紛失してしまいました(;・∀・)。すみません_| ̄|○。

1kwhあたり40万円だったので、とりあえず高く感じました。ちなみに、この業者さんは最後だったので、この方には全ての見積書をお見せしました。

この方は見積書を見た際、業者Eの蓄電池の安さにビックリされていて、「この価格なら絶対につけた方が良いですよ!!」と驚きながら言われました。それもあって、最終的に業者Eと契約する際に蓄電池もセットで契約しました。正直、私自身も蓄電池は100万~200万円くらい費用が掛かると思っていたので、業者Eの蓄電池の安さには驚きました。

(7)業者E(この業者にお願いしました)

太陽光の見積もり

2021年8月3日

見積り

メーカー:シャープ

容量:7.252kw

パネル枚数:28枚(NU-259AM)

蓄電池:あり

4.2kwhタイプ(型番JH-WB1621特定負荷)=77万円⇒補助金27万円⇒実質50万円

6.5kwhタイプ(型番JH-WB1921特定負荷)=93万5000円⇒補助金40万円⇒実質53万5000円

6.5kwhタイプ(型番JH-WB1921全負荷対応)=115万5000円⇒補助金40万円⇒実質75万5000円

9.5kwhタイプ(型番JH-WB2021特定負荷対応)=121万円⇒補助金40万円⇒実質81万円

9.5kwhタイプ(型番JH-WB2021全負荷対応)=143万円⇒補助金40万円⇒実質103万円

施工方法:アンカー施工

金額:189万2000円

※1kwhあたり26万893円

感想:タイナビの一括見積りで紹介して頂いた業者です。最終的に、こちらの業者さんに太陽光発電設備の設置をお願いする事に決めました。こちらの業者さんにお願いした理由は、1kwhあたりの単価が約26万円で一番コストが低かったことも理由の一つですが、何よりパネルのメーカーを含むほとんどの機材が日本製のシャープという点も決め手の一つでした。海外製のものより、日本製の方がアフターフォローがしっかりしていますからね。ちなみに、この業者はシャープの正規特約店(サービスタメンバー)ということで、シャープの商品(特に蓄電池)が非常に安かったです。そのため、今回は予定になかった蓄電池(特定負荷の6.5kwhタイプ実質53万5000円)をセットで契約することにしました(トータル実質242万7000円)。また、最後にもう少し値切れないかな~っと思って値切りをトライしてみたんですが「すみません。これ以上は無理です。お客様はタイナビ(一括見積サイト)経由のお客様なので、私たちも最初から勝負価格で提示しています(:_;)」とのことで、これ以上安くはなりませんでした。(;・∀・)

太陽光についてご相談等ありましたら、ツイッターのダイレクトメッセージで受け付けています。

管理人のアカウント⇒@KAIGAIFX222


ABOUT ME
オールブルー
オールブルー
管理人の"オールブルー"です。 年齢は35歳、投資は株取引とFXを中心に20歳からバリバリやってます。 ちなみに、株取引はマネックス証券、FXはGemForexを利用しています。 Twitterやってます。応援よろしくお願いします♪⇒@KAIGAIFX222