【FX】ミスターXの知恵袋

【FX基礎編】通貨ペアの特性と勝利の法則

ミスターXの知恵袋

自分なりに見極めよう!通貨ペアの特性☆

FXでトレードする時、どの通貨ペアでトレードするか?を選ぶことも非常に
重要になります。それはどうしてか。まずはその説明からいきましょう!

①:自分の目線に合ったペアを探せ!
みなさんの時間軸トレードスタイルがあると思います。スキャ、デイ、スイングと
分類されますが、その時間軸にマッチした動きのペアを選ばないといけません。

②:読みやすい通貨ペアを探せ!
負けてもいいや!と考えるのは良くはありませんが、何となくでもチャートを見たら
予想が付きそうな通貨ペアがきっとあるはずです。

③:知っている国の通貨を探せ!
例えば「この国の事は良く知ってる!」というのがあれば、その国の通貨が絡んだ
ペアを選択する事も1つの正解例になり得ます。知識があれば、何が基準で好景気か
不景気かを見極めて取引ができます。

簡単には、この3つでしょうか。

やっぱ日本人なら日本円のやつがいいの?
日本人でも日本の事よくわからんよなw
たしかに 笑
次は簡単に特性を説明するね!

通貨ペアの特性解説

さて、それぞれの通貨ペアの動き方について、私が分析した内容と利益の狙い方などに
ついて書きたいと思います。FX取引をする上で自分に合うペアがあるかもしれません。
是非参考にして頂ければと思います。
※あくまでも個人的見解ですので、その点はご容赦ください※

USD/JPY(アメリカドル/日本円)
動き方 基本的にレンジ(定位置を上下)する。稀に時間帯別の取引量や
経済指標によって乱高下する。
変動幅 1日で大きくて1円幅。指標や発言が無ければ
20銭(pips)~50銭(pisp)程度
目安取引時間 最低1分~1時間程度、最大で1日。
向いている人 気長な人、放置できる人
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
動き方 別名【スネ夫】通貨。ユーロ or 円の強い方に着いていく
傾向があり、午前中は他の日本円ペアと同調。
午後(15時以降)からは、EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
の動きに同調する傾向が強い。
変動幅 過去に一瞬で3円~5円動いた事もあり、主要三大通貨の
1つである【ユーロ】を含むにも関わらず不安定。
指標や発言が無ければ40銭(pips)程度におさまる。
目安取引時間 最低1分~1時間程度、最大で1日。
向いている人 メンタル強者、放置できる人
GBP/JPY(イギリスポンド/日本円)
動き方 別名【殺人通貨】。一瞬で20銭(pips)を上下する。
かつてEU加盟国離脱の選挙の際に1日で30円の暴落
記録した為替界の殺し屋。
主に16時以降に強い動きを見せ、日付が変わる
0時~1時にかけて、強烈に動く事が多い。
変動幅 最低でも50銭(pips)は動きます。一日で2円を往復
することも多々あり。
目安取引時間 超短期(秒)若しくは超長期(週間単位)
向いている人 秒速トレーダー、気の短い人、資金に相当の余裕がある人
AUD/JPY(オーストラリアドル/日本円)
動き方 一方通行不動を繰り返す。1日を通して「まだ行くのかよ!」
と思わせんばかりの一方向への形を作る。
夜中1時以降、全く動かなくなる事も多くあり、朝4時頃から
徐々に動き始める。
変動幅 1日を通しては、一方通行になれば70銭(pips)以上動く事も
ありますが、動かない日は50銭(pips)以下の事もある。
目安取引時間 中長期(1時間以上)
向いている人 兼業トレーダー
CAD/JPY(カナダドル/日本円)
動き方 世界最大の資源国通貨であるカナダドルは主に指標で強い
動きを見せる。雇用統計やGDP、政策金利が最たる例。
指標の予想値に対して正直に反応する。
変動幅 1日を通しては20~50銭(pips)を往復する。経済指標の
発表時は一瞬で25銭(pips)を上下し、翌日頃まで方向性が
継続する傾向がある。
しかし、3日程度で指標発表時の地点まで戻る事が多々ある。
目安取引時間 長期(1日以上)
向いている人 指標ギャンブラー、とにかく待てる人
EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
動き方 かつては午前は下がると言われていた通貨ペア。欧州市場が
開始される夕方16時~17時まで、大きな動きを見せない。
強い動きの本番は16時~夜中1時まで。
USD/JPY(アメリカドル/日本円)と逆相関関係にあると
トレーダーからは認識されている。※諸説あり
一方通行より、ドル円より強い上下動を繰り返す傾向がある。
変動幅 1時間で20銭(pips)上下すれば良い方。
特にECB総裁発言やアメリカの経済指標に反応する傾向あり。
目安取引時間 中長期(1時間以上)
向いている人 含み損に動じない人
GBP/USD(イギリスポンド/アメリカドル)
動き方 午前から16時頃までは、ほぼ動かない。1時間に
20銭(pips)程度。本番は欧州市場開始後はEUR/USDと
似た動きになり、22時以降はGBP/JPYと同調する動きに
なりがち。夜中1時以降は、小幅レンジとなる傾向にある。
変動幅 最低でも50銭(pips)は動きます。一日で2円を往復
することも多々あり。特に夜中はポンド円と同じ。
目安取引時間 超短期(秒)若しくは超長期(週間単位)
向いている人 秒速トレーダー、気の短い人、資金に相当の余裕がある人

 

特性を見極めたら、戦略を立てよう

一部のペアの特性を書きましたが、自分の性格やスタイルに合った通貨ペアを
選ぶことが、勝利への近道と言っても過言ではないと思います。

フィーリングなんて論理的に説明がつきませんが、「感覚」も大事だとは思います。
しかし、なりふり構わず取引する事は正しいとは言えません。

その中でも、
エントリーポイントを探す
利益確定させる位置を取引開始前に決める
損失確定させる位置を取引開始前に決める
何ロットで取引するかを取引開始前に決める
と、まずルールを決めます。

そして、この通貨はこういう動きをするから、ここを狙おう!という戦略を
立てて実践してください!

特性を活かした取引戦略は、何れ記事にしようと思います( *´艸`)

今教えろやハゲ
口悪いなw また今度な!
( ゚д゚)ちっ

 

ABOUT ME
Mr.X
Mr.X
為替歴5年。 年間を通して収支がプラスだったのは 2018年度のみのへなちょこトレーダー。