【FX】負け組トレーダーの独り言

【FX】本当の意味での成功率はたったの1%

FXで成功できる人は100人に1人

年間収支プラスを達成する人の割合は3割~4割程度ですが、5年連続で年間収支をプラスに出来る人は100人に1人と言われています。

ちなみに、管理人は10年以上FXをやっていますが、+収支は去年の1回だけです。

なので、年間収支がプラスになる人が全体の3割~4割もいるということには正直驚いています。

10年以上FXをやって、1度しか年間収支をプラスにできなかったということは、よっぽど、管理人はFXに向いていないんでしょう(笑)。

では、どういう人がFXには向いていないのでしょうか??

負け組トレーダーの代表として、管理人の特徴を元に解説していきます。

FXで成功できない人の特徴

失敗

●継続した努力ができない人

FXは予習、復習が大事と言われています。

ですが、管理人のようにめんどくさがり屋の人は予習復習をやりません。

そのため、同じ失敗を永遠と繰り返して負け続けます。

 

●感情のコントロールができない人

1回の負けに熱くなり、損を取り返そうとしてロット数を上げる。

管理人の大負けする典型的なパターンです。

こういうタイプの人は、すぐさまトレード資金がつきて、”アッ”というまに退場します。

 

●慎重さに欠ける人

“このやり方は勝てる”

そう思ったら、失敗を恐れずに限界まで張る人。

これは、1秒でも早く勝ちたいという焦りからでる行動ですね。

この世に100%勝てる手法はありません。

どんなに凄い手法でも、勝ったり負けたりを繰り返します。

そのため、たとえそれが勝てるやり方だったとしても、1回の失敗で全てを失います。

 

●欲をかきすぎる人

一方方向の相場というのはなかなかありません。

上がっても、あるていど時間が経ったら下がってきますし、下がっても、あるていど時間が経ったら上がってきます。

ポジションが含み益になって

“上手く流れに乗れた!!”

そう思ったら、欲をかかずに利益確定するべきなんです。

なのに、”まだ上がる”、”まだ下がる”と欲をかいて決済するタイミングを逃してしまう人は一生成功できません。

管理人が負け続ける最大の原因がこれです。

FXで成功するには

成功

FXで成功するには、予習復習をしっかりやって、必ずルールを作り、なおかつ、ルールを守る必要があります。

ちなみに、以下のルールは管理人が人から聞いて”これいいな!!”と思ったルールです。

●1日○○円以上負けない。

普通は、1日○○円以上勝つっといった、攻めのルールを立てると思うんですが、これはあまりよくありません。

なぜなら、目標を達成するために、無理にポジションを取ってしまう恐れがあるからです。

逆に、1日に○○円以上負けないといったように、守りの目標を立てることで、1度の取引で大きく負けることを防ぐことが出来ます。

初心者の9割の人が1年以内に退場すると言われています。

その退場した人たちのほぼすべての人が1度の大負けをきっかけに退場しています。

まずは、大きく勝つことより、大きく負けないことを意識してトレードすることが、成功への近道だと私は考えます。

※偉そうなことを言っていますが、管理人は2020年5月17日現在、年間収支-111万円で大負けしています。詳しくは、管理人のトレード日記をご覧ください⇒<<☆彡失敗だらけのトレード日記☆彡

ABOUT ME
オールブルー
オールブルー
海外FXのパートナー管理人"オールブルー"です。趣味はFX。ドル円には自信があります。星座はうお座です。圧倒的逆神です。 Twitterやってます♪⇒@KAIGAIFX222