【FX】負け組トレーダーの独り言

【FX】ありえないくらい運が悪かった日の話

運が悪い

FXで勝てるか負けるかは運できまる。

つまり、「運ゲーだ」。

そう口にする人は結構多い。

ですが、私はこんな風に考える。

「多少は運に左右される部分もあるけれど、基本的には、トレードが上手い人が勝って下手い人が負ける。それがFXだ。」

今日は、そんな私が体験した、最悪についてなかった日の話をしていこうとおもう。

久しぶりに大金を入金

久しぶりにまとまったお金が私の口座に振り込まれた。

ふふふふ。

三度の飯よりFXが大好きな私はGemForexという海外口座に16万円を入金した。

「このお金を元にガツンと稼いでやる!!」

海外口座

海外口座は知っている人も多いと思うが、レバレッジ25倍の規制がない。

なので、レバレッジ1000倍や2000倍なんていう業者も多く存在する。

私が利用しているGemForexもレバレッジ1000倍でトレードできるので、16万円と言っても大きなロットで取引が可能だ。

そのため、16万円を1週間で100万円にすることも夢ではない。

豪ドルロングで+5万円

月曜日の朝、豪ドルがグングン上がってきた。

その時点では豪ドルを無視していたのだが、豪ドルが高値を更新したのでロングで飛び乗った。

結果は、50万通貨ロングして10PIPS抜けたので、いきなり5万円のプラスとなった。

かなり幸先のいいスタートだった。

しかしながら、ここからが悪夢の始まりだった・・・。

豪ドルショート40万通貨

豪ドルが更に上昇してきたので、豪ドルを20万通貨ショート。

しかしながら、全く勢いが収まらない・・・。

更に上昇する豪ドル。

そして、流れが止まった。

止まったのだが、ポジションが-3万円の含み損を抱えていた。

「きえええい!!」

私は気合で豪ドルショートを20万通貨ショートした。

もう、後へは引けなくなった。

他通貨のスキャで+5万円

ドル円とユーロドルのスキャルピングで25000円×2=5万円。

朝のプラス5万円と合わせると、合計+10万円になった。

しかしながら、豪ドルは更に上昇してとんでもないことになってきた。

逃げ場到来

豪ドルショート40万通貨が±0円のところを行ったり来たりしていた。

そして、私は決断した。

「ここで切る!!」

±0円のところで、私の手がポジションをタップして、クローズのボタンを押そうとしたその瞬間、豪ドルが跳ねた。

「うぅぅぅ、、、まあ、すぐ戻るだろうから、戻ったら切ろう。」

私は、すぐに戻るだろうと思って、ポジションを切るのを後回しにした。

戻ってこない豪ドル

その後、豪ドルはグングン上昇。

含み損の金額は10万円を突破してきた。

「マジかよ・・・。ついてねぇ・・・。」

悔やんでも悔やみきれなかった。

±0円からはねたと言っても-7000円程度。

珍しく、±0円にこだわった結果がこれかよ・・・。

私は吐き気がした。

豪ドルショート20万通貨追加

豪ドルが少し落ちてきた。

ここが最後のチャンスと思った私は、豪ドルを更に20万通貨ショートした。

合計60万通貨だ。

だがしかし、一向に落ちてこない豪ドル。

それどころか、豪ドルは更に上昇した。

入金するか悩む

銀行口座にはトレード資金として3万円だけ残していた。

17時に反転するかもしれない。

そう思った私はこれを入金しようか悩んだが、60万通貨だと焼け石に水だろうと思い、入金しなかった。

そして、これが悲劇を生んだ。

最悪の結末

豪ドルの上昇は16時48分にピークを迎えて、私のポジションを全てロスカットに追いやった。

ロスカットレートは平均0.670。

豪ドルのトリプルポジションで約26万円のマイナスである。

気持ちが悪い・・・。

本当に気持ちが悪かった。

そして17時ぴったりに豪ドルの暴落が始まった。

一気に10PIPS落ちた豪ドルは、15分後には50PIPSも下落した。

50PIPS×60万通貨=約30万円である。

「マジかよ・・・。」

この日のトレードは本当についていなかった。

記事を書き終えた今でもイライラが止まらない・・・。

長期で考えると、運が勝敗を左右することはあまりないが、短期的には運がトレードの勝敗に最も左右するのは言うまでもない・・・。

マジでイライラする。

ABOUT ME
オールブルー
オールブルー
海外FXのパートナー管理人"オールブルー"です。趣味はFX。ドル円には自信があります。星座はうお座です。圧倒的逆神です。 Twitterやってます♪⇒@KAIGAIFX222