XMTrading

XM|ロイヤルティポイント(XMP)の特集ページ

XMTrading
はじめに

この記事では、XMTradingのロイヤルティポイント(XMP)について詳しく特集します。

この記事は目安として、5分~10分ほどで読み終える内容になっています。

この記事をブックマークすると、今後すぐにアクセスが可能になります。

ロイヤルティポイント(XMP)とは?

ロイヤルティポイント(XMP)とはXMTradingのスタンダード口座、またはマイクロ口座にて決済取引をするたびに貰えるポイントです。

ロイヤルティポイントは取引に使える証拠金(ボーナス)、または現金に交換できます。

※ロイヤルティポイントを現金に交換できるのは後述するマイ・ロイヤルティ・ステータスがダイヤモンド、またはエリートの方のみとなっています。

10万通貨の決済取引につき10~20XMP

マイ・ロイヤルティ・ポイント

ロイヤルティポイント(XMP)の付与率は顧客のマイ・ロイヤルティ・ステータスによって異なります。

EXECUTIVE(エクゼクティブ):10万通貨の往復決済につき10XMP

GOLD(ゴールド):10万通貨の往復決済につき13XMP

DIAMOND(ダイヤモンド):10万通貨の往復決済につき16XMP

ELITE(エリート):10万通貨の往復決済につき20XMP

※マイ・ロイヤルティ・ステータスはアカウント毎の管理となっていて、ステータスは全ての口座に適用されます(Zero口座は除く)。

※10分以上ポジションを持った取引が対象

※ロイヤルティポイント(XMP)は1000通貨あるいは1万通貨の往復決済の場合でも、10万通貨の往復決済同様の比率で付与されます。

※Zero口座の取引は対象外です。

タツオ
タツオ
エグゼクティブって響きは良いんですけどステータスは1番下なんですね・・・。

ロイヤルティーステータスをアップグレード

マイ・ロイヤルティ・ポイント

EXECUTIVEからスタートしたロイヤルティステータスは30日間取引すると、GOLDにランクアップします。

その後、更に30日間取引するとDIAMONDに、そこから更に40日間取引するとELITEにランクアップします。

※Zero口座の取引は対象外です。

タツオ
タツオ
エリートってなんか響きがいいですね。私も呼ばれたいです。

最速でロイヤルティーステータスをELITEにする方法

まずは、1000通貨でも1万通貨でもいいので往復決済してロイヤルティステータスを有効化してください。

往復決済をすると、あなたのロイヤルティステータスが有効化されてEXECUTIVE(エグゼクティブ)からスタートします。

※ポジションは必ず10分以上保有してください。

その後、1000通貨でも1万通貨でもいいので100日以上ポジションを保有し続けてください。

そうすると、最短100日であなたのロイヤルティステータスをELITEまで上げることが出来ます。

※保有するポジションは10通貨でも構いません。

※Zero口座の取引は対象外です。

タツオ
タツオ
ELITEまでは結構時間がかかりますね。

ロイヤルティーステータスのリセット

ヤバイ

GOLDステータスは30日間、DIAMONDステータスは60日間、ELITEステータスは100日間取引がない場合、ステータスはEXECUTIVEにリセットされます。

※Zero口座の取引は対象外です。

※ステータスがEXECUTIVEにリセットされると、保有しているXMPは全て消滅します。

タツオ
タツオ
ステータスをリセットされたら地味に痛いですね。

ポイントをボーナスに交換

ここでは、1XMPをボーナスに交換する場合の計算式をお伝えします。

計算式は以下の通りとなります。

○XMP÷3×交換時のドル円レート=受け取れるボーナス

例えば、あなたが10XMPをボーナスに交換する場合はこのようになります。

10XMP÷3×110円(交換時のドル円レート)=約366円。

ステータスがEXECUTIVEだと往復10万通貨の取引で10XMP付与されます。

ステータスがGOLDだと往復7.7万通貨の取引で10XMP付与されます。

ステータスがDIAMONDだと往復6.25万通貨の取引で10XMPふよされます。

ステータスがELITEだと往復5万通貨の取引で10XMP付与されます。

タツオ
タツオ
ポイントの還元率は思ったより大きいですね。

ポイントを出金できる現金に交換

ここでは、1XMPを出金できる現金に交換する場合の計算式をお伝えします。

計算式は以下の通りとなります。

○XMP÷40×交換時のドル円レート=受け取れる現金

例えば、あなたが10XMPを現金に交換する場合はこのようになります。

10XMP÷40×110円(交換時のドル円レート)=27.5円。

ステータスがDIAMONDだと往復6.25万通貨の取引で10XMP付与されます。

ステータスがELITEだと往復5万通貨の取引で10XMP付与されます。

※ロイヤルティポイント(XMP)を現金に交換できるのはステータスが”DIAMOND”あるいは”ELITE”の方のみとなっています。

タツオ
タツオ
10XMPをボーナスに交換したら約366円。
10XMPを現金に交換したら約28円。
ポイントは絶対にボーナスに交換した方が得ですね。

ポイントの失効条件

悔しい

ロイヤルティポイント(XMP)の執行条件は大きく分けて2つあります。

一つ目はロイヤルティーステータスがリセットされた場合。

ステータスが上位(EXECUTIVEを除く)からEXECUTIVEにリセットされると保有しているXMPは消滅します。

2つ目は口座が休眠、あるいは凍結された場合。

この場合は保有しているXMPだけでなく、全ての口座内で保有しているボーナスも消滅します。

口座が休眠状態になる条件

「90日間入出金も取引も行わない。」

※休眠状態になると、毎月口座維持手数料が5USD発生します。

口座が凍結状態になる条件

「90日間入出金も取引も行わない。」

「口座残高が5USD未満になる。」

※休眠状態後、口座残高が5USD未満になると口座は凍結されます。

※Zero口座の取引は対象外です。

タツオ
タツオ
ちなみに、ロイヤルティーステータスや口座の休眠、凍結はアカウント毎の管理になっているので、複数口座を保有していてもどれか1つの口座で1000通貨とかで取引を行えば問題ありません。

スタンダード口座の実質スプレッド

XMTradingのスプレッド

XMTradingのZero口座(画面左)とスタンダード口座(画面右)の取引画面です。

せっかくなので、今回はこの2つの口座の実質スプレッドを比較してみましょう。

★ドル円10万通貨の取引を行った場合★

Zero口座:スプレッド100円+手数料1100円=1200円

スタンダード口座:スプレッド1700円-10XMP(366円)=1334円

★ユーロドル10万通貨の取引を行った場合★

Zero口座:スプレッド110円+手数料1190円=1300円

スタンダード口座:スプレッド1800円-10XMP(366円)=1434円

★ユーロ円10万通貨の取引を行った場合★

Zero口座:スプレッド400円+手数料1190円=1590円

スタンダード口座:スプレッド2000円-10XMP(366円)=1634円

こうして見てみると、若干ではあるもののスタンダード口座よりもZero口座の方が実質スプレッドは小さくなります。

ですが、これは入金ボーナスを加味していません。

先ほどの比較表に20%の入金ボーナスを加味すると間違いなくスタンダード口座の方に軍配が上がります。

★3万円の入金&ドル円10万通貨の取引を行った場合★

Zero口座:スプレッド100円+手数料1100円=1200円

スタンダード口座:スプレッド1700円-10XMP(366円)=1334円

スタンダード口座は20%のボーナス6000円分貰える!!

★3万円の入金&ユーロドル10万通貨の取引を行った場合★

Zero口座:スプレッド110円+手数料1190円=1300円

スタンダード口座:スプレッド1800円-10XMP(366円)=1434円

スタンダード口座は20%のボーナス6000円分貰える!!

★3万円の入金&ユーロ円10万通貨の取引を行った場合★

Zero口座:スプレッド400円+手数料1190円=1590円

スタンダード口座:スプレッド2000円-10XMP(366円)=1634円

スタンダード口座は20%のボーナス6000円分貰える!!

タツオ
タツオ

スタンダード口座でボーナスを有効活用するにはデイ、またはスイングトレードでトレード回数を抑えてこまめに出金すると効率が良さそうです。

逆に、スキャルピングなどの短期トレード重視の方はトレード回数が多くなるためZero口座を利用した方が取引毎のコストを抑えることが出来ます。

ABOUT ME
オールブルー
オールブルー
海外FXのパートナー管理人"オールブルー"です。趣味はFX。ドル円には自信があります。星座はうお座です。圧倒的逆神です。 Twitterやってます♪⇒@KAIGAIFX222