GEMFOREX

GEMFOREX|出金日数と手数料を過去12回の出金履歴で解説

GEMFOREX
はじめに

この記事では、GEMFOREX(ゲムフォレックス)から出金にする際にかかる時間(日数)と手数料を過去の出金履歴(12回)を用いて解説します。

この記事は5分~10分ほどで読み終える内容となっています。

この記事をブックマークすると、今後すぐにアクセスが可能になります。

GEMFOREXの概要

GEMFOREXの概要
  • 創業2014年(全身のGemTradeは2010年)
  • 資本金100,000,000 USD
  • 本社ニュージーランド
  • 金融ライセンスはニュージーランド証券投資委員会
  • 日本語サポートあり
  • スプレッド◎
  • 最大レバレッジ1000倍
  • ロスカット水準20%以下
  • 追証なし
  • 口座開設特典あり
  • 両建ては同一口座でのみOK

公式ページ開設ページ

GEMFOREXの出金履歴12回を全て公開

GEMFOREXに興味はあるけど、出金できるかどうか不安で悩んでいる。

初めてGEMFOREXから出金するんだけど、自分の手元にお金が入ってくるまでにはどれくらいの手数料と時間がかかるのか知りたい。

そんな方々にこの記事を読んでもらえたらと思います。

この記事では管理人と管理人の友人A君の出金履歴を全て公開します。

今回、全て公開することに踏み切ったのには理由があります。

管理人自身、海外口座を初めて開設するときは不安でした。

本当に出金できるのだろうか?

そこでたくさんの記事を読んで一番信用できそうなGEMFOREXで口座を開設しました。

ですが、正直まだ不安でした。

なぜなら、どの記事を読んでも出金できるとは書いてあるものの実際の出金履歴を誰も載せていませんでした。

そこで、過去の私と同じように海外FX(GEMFOREX)に不安を抱いている方々のために私と私の友人A君の出金履歴すべて公開することにしました。

また、今回初めてGEMFOREXから出金する人も国内の銀行に反映されるまでの時間もすべて載せていますので参考にしてください。

それでは、まず始めに友人A君の出金履歴をどうぞ。

出金までの日数(友人A君の場合)

GEMFOREX|出金

友人A君は過去に4回出金しています。

結論から言うと、出金反映までにかかった日数は2営業日が1回、3営業日が3回でした。

※日本の銀行が休みのため、土日祝日は営業日に数えません。

ここからはA君の過去4回の出金を一つ一つ見ていきます。

①2018年10月13日(土)35万3604円をGEMFOREXに出金依頼。

⇒2018年10月15日(月)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2018年10月16日(火)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は2営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

②2019年7月29日(月)7万1811円をGEMFOREXに出金依頼。

⇒2019年7月30日(火)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年7月31日(水)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は3営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

③2019年8月8日(木)55万1009円と10万円を別々にGEMFOREXに出金依頼(ほぼ同時刻)。

⇒2019年8月9日(金)2つともGEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年8月13日(火)2つとも新生銀行側で着金処理完了。

月曜日は山の日の振り替え休日だったので、出金までにかかった時間は月曜日を除いて3営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

出金拒否は1度もなし。

出金反映までの時間は2営業日~3営業日でした。

それでは次に、管理人の出金履歴を公開します。

出金までの日数(管理人の場合)

GEMFOREX|出金

管理人は過去に8回出金しています。

こちらも結論から言うと、出金反映までにかかった日数は2営業日が2回、3営業日が5回、4営業日が1回でした。

※日本の銀行が休みのため、土日祝日は営業日に数えません。

それでは、出金までにどれくらいの時間を要していたのかこちらも1つ1つ確認していきましょう。

①2019年2月4日(月)42万85円をGEMFOREXに出金依頼。

⇒2019年2月4日(月)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年2月5日(火)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は2営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

②2019年3月8日(金)5万7683円をGEMFOREXに出金依頼。

⇒2019年3月8日(金)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年3月11日(月)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は2営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

③2019年4月5日(金)2万5027円をGEMFOREXに出金依頼。

⇒2019年4月8日(月)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年4月9日(火)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は3営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

④2019年6月6日(木)3万8660円をGEMFOREXに出金依頼。

⇒2019年6月7日(金)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年6月10日(月)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は3営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

⑤2019年7月5日(金)14万9090円をGEMFOREXに出金依頼。

⇒2019年7月8日(月)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年7月9日(火)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は3営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

⑥2019年8月5日(月)12万8798円をGEMFOREXに出金依頼。

⇒2019年8月6日(火)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年8月7日(水)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は3営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

⑦2019年9月13日(金)203万7651円をGEMFOREXに出金依頼。

⇒2019年9月13日(金)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年9月18日(水)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は4営業日でした。

GEMFOREX|出金履歴

⑧2019年10月7日(月)19万4015円の出金依頼。

⇒2019年10月7日(月)GEMFOREX側で出金処理完了。

⇒2019年10月9日(水)新生銀行側で着金処理完了。

出金までにかかった時間は3営業日。

GEMFOREX|出金履歴

⑦で出金反映までに4営業日もかかった経緯について

この時の出金はいつもより大金だったため、よく覚えています。

出金金額は203万7651円。

9月13日(金)にGEMFOREXに出金依頼をして、9月18日(水)に新生銀行側で出金が反映されました。

出金依頼から出金反映までにかかった時間は過去最長の4営業日でした。

通常よりも時間がかかった原因としては、金額が100万円を超えていたため新生銀行側での処理が複雑になっていたようです。

ここからは、新生銀行と管理人との間で出金~着金までのやりとりをお話しします。

9月13日(金)に出金依頼をした管理人のもとに、9月18日(水)の午前中に新生銀行から海外送金の確認メールが来ました。

メールの内容は、このお金がどこから送られてきたお金なのかの質問でした。

管理人は正直に「海外のGEMFOREXというFXの会社からの送金です。」と答えました。

ですが、メールはそれだけでは終わらず、再度確認のメールが来ました。

追加での質問にURLからサイトに飛んで答えるというものでした。

これに答えてから約3時間後に出金が反映されました。

まとめ

友人のA君と管理人の過去12回の出金に関しては、何一つ問題なく出金できました。

出金依頼~出金反映までの時間は100万円未満であれば2営業日~3営業日。

ただし、100万円を超える出金を依頼する際は、受け取り銀行側での手続きに時間がかかるため、4営業日~5営業日かかる可能性が高いと思われます。

これは、海外のFX口座であればかなり早い方です。

この記事を読んでいる方で出金できるか不安で海外FXの口座開設に踏み切れなかった方。

そんな方にはGEMFOREXを強くおすすめします。

キチンと出金できる海外FX業者をお探しの方にはGEMFOREXはおすすめです。

 

公式ページ開設ページ

見落としがちな出金手続き

ここでは、出金依頼したはずなのにいつまでたっても国内の銀行に出金されない。

そんなことにならないためにGEMFOREXから資金を出金する手順を解説します。

手順が一つでも漏れてしまうと出金できないので注意してください。

①出金先口座の登録

②出金依頼

③メールの確認

この中で注意していただきたいのが③のメールの確認です。

GEMFOREXに出金依頼をすると同時に、必ず「出金申請内容の確認」というメールが届きます。

GEMFOREX|出金メール

このメールには出金に関する内容とURLが載っています。

出金内容に間違いがなければ、必ずURLをクリックしてください。

URLをクリックしないと、出金依頼がいつまでたっても完了しません。

また、メールが届いてから45分以内にURLをクリックしないと出金依頼は無効となり出金依頼はやり直しになります。

ここは一番多くの方がミスされるところなのでご注意ください。

ちなみに、URLにクリックした後は「出金申請受理」というメールが届きます。

このメールが届いたら出金依頼は完了です。

GEMFOREX|出金メール

ポジションを保有していた場合の出金について

ポジションを保有していた場合、出金だけでなく、口座間での資金移動もできません。

これは、GEMFOREXのよくある質問ページでも記載されている内容となります。

GEMFOREX|よくある質問

出金&資金移動した時のボーナスの扱いについて

GEMFOREXから出金手続きを行うと、保有するすべての口座内からボーナスが消滅します。

また、オールインワン口座は知っての通りボーナス対象口座ですが、ノースプレッド口座はボーナス対象外の口座となっています。

したがって、オールインワン口座からノースプレッド口座に資金移動した場合も出金扱いとなりすべての口座内からボーナスが消滅します。

ちなみに、オールインワン口座からオールインワン口座への資金移動については出金扱いとならないので、ボーナスが消滅することはありません。

オールインワン口座からオールインワン口座に資金移動した場合は移動元の口座残高に対する移動金額の比率と同じ比率でボーナスは移動します。

GEMFOREX|ボーナスについて

出金に利用できない金融機関一覧

ゆうちょ銀行、ソニー銀行、横浜銀行、沖縄銀行、西日本シティ銀行、滋賀銀行、北海道銀行、愛媛銀行、ビットウォレット(停止中)

ビットウォレット(bitwallet)出金について

ビットウォレット(bitwallet)は海外FXの入出金で幅広く使われている国際送金をメインとしたインターネット上の銀行です。

2019年10月現在、残念ながらGEMFOREXではビットウォレットの取り扱いを休止しています。

また、取り扱いを再開する見通しも立っていません。

出金手数料について

GEMFOREXから日本国内の銀行に出金する場合の手数料について解説します。

GEMFOREXから国内の銀行に出金する場合の手数料は回数制限なしで無料です。

※国内の受け取り銀行側で手数料が発生する場合があります(被仕向送金手数料)。

海外からの送金(被仕向送金)手数料1500円の銀行一覧

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、福岡銀行、静岡銀行、北洋銀行、スルガ銀行、千葉銀行

海外からの送金(被仕向送金)手数料1000円以下の銀行一覧

常陽銀行・・・1000円

SBIレミット・・・3万円以上で258円、3万円未満は165円。

ドコモ・・・0円

 

公式ページ開設ページ

出金におすすめの銀行

2019年11月時点ではソニー銀行と新生銀行が海外からの送金(被仕向送金手数料)無料となっています。

しかしながら、GEMFOREXではソニー銀行は出金先口座に指定できません。

また、新生銀行も2019年12月16日(月)より手数料無料⇒有料(2000円)になります。

ですが、新生銀行のステージが新生ゴールド以上であれば12月16日以降も被仕向送金手数料が実質無料となっています。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

楽天銀行を出金先にするのはNG

GEMFOREXからの出金先を楽天銀行に設定するのNGです。

なぜなら、楽天銀行を出金先の口座に指定するには2つのデメリットがあるからです。

デメリットその1

楽天銀行の海外送金の受け取り手数料は2450円

少し古めの他のサイトの出金記事では、楽天銀行に出金した時の手数料は無料と記載されていますが、少し新しめの実体験の記事では2500円と記載されています。

どちらが本当なのでしょうか?

そこで、楽天銀行のホームページを覗いてみました。

そこには、送金受取手数料2,450円と記載されていました。

楽天銀行|海外送金手数料

おそらく、現在の情報としては後者の方が正しいようです。

後者の方は2450円の手数料をざっくり2500円と記載したのでしょう。

楽天銀行の海外送金の受け取り手数料は2450円かかるようなので、海外送金の受け取り銀行として適しているとは言えないでしょう。

デメリットその2

②楽天銀行では事業目的の資金の受け取りはできません

FXは本来、投資商品なので事業とは関係ないのですが、”海外FX”は総合課税制度に分類さる所得区分(雑所得)です。

そして、事業所得も海外FXと同じ総合課税制度に分類される所得区分です。

つまり、金額が大きい海外送金は楽天銀行に事業目的の出金と勘違いされる恐れがあるということです。

楽天銀行|海外送金

口座凍結のリスク

複数の海外FX情報サイトを確認したところ、楽天銀行に出金した複数の方が口座凍結の被害にあったそうです。

楽天銀行に事業目的の出金と勘違いされたのでしょうか?

私も1件だけなら何かの間違いではと思ったのですが、よくよく調べると複数同じような案件が浮上しました。

また、ロー・リンクス法律事務所という法律事務所でも過去に楽天銀行の口座凍結案件を取り扱っています。

何はともあれ、口座凍結のリスクのある銀行口座をわざわざ使う必要はないので他の銀行口座を利用しましょう。

公式ページ開設ページ

ABOUT ME
海外FX博士
海外FX博士
1985年2月生まれの独身34歳。 FXの経験は2007年~現在まで。 2010年にレバレッジ規制が始まり、FX口座を海外に移す。 後に、ボーナスあり、追証なし、最大レバレッジ400倍~1000倍の業者を使って毎月コンスタントに利益を上げられる海外口座がメイン口座となる。 特に利用頻度の高い海外FX口座はiFOREXとGEMFOREX。 海外口座の素晴らしさを伝えるためにこちらのブログを開設しました。