iFOREX

FXのやり方を初心者にもわかりやすく解説

トレード画面

FXとは

ボーナスbusiness, people, success and fortune concept – happy businessman with heap of dollar money

FX(外国為替証拠金取引)とは、外貨(日本円も含む)の両替によって利益を得る投資商品です。

外貨預金とFXの違いはレバレッジを掛けるかどうかです。

外貨預金:レバレッジなし

FX:レバレッジあり

例えば、あなたが外貨預金を利用して1万円分のドルを購入したとします。

※購入時のドル円レートは1ドル100円と仮定します。

1年後、ドル円レートが110円(1割UP)まで上昇した場合、そのタイミングであなたが購入していたドルを円に戻せば1000円の利益を得ることができます。

次にFXの場合も見てみましょう。

FXの場合は元本である1万円にレバレッジを掛けて取引を行います。

例えば、1万円の元本に対して400倍のレバレッジを掛けて同様の取引をしたとすると利益は400倍の40万円にもなります。

FXの危険性(リスク)について

FXは外貨預金と違いレバレッジを掛けて大きな利益を狙います。

ただし、その分リスクも大きくなります。

例えば、あなたが10万円を元手にドルを100万円分購入したと仮定します。

※購入時のドル円レートは100円と仮定します。

ドル円のレートが110円になれば10万円もの利益を得ることが出来ますが、逆に、ドル円のレートが90円になると証拠金が0円となりポジションは強制決済(強制ロスカット)されます。

このようにFXは外貨預金と異なり、簡単に大きな利益を得ることが出来る反面、ある程度損失を覚悟して挑む必要があります。

取引できる通貨

ドル

取引できる通貨は利用するFX会社によって異なります。

取引できる通貨が多い会社だとiFOREXやXMTradingです。

ここでは、初心者でも簡単に始められるiFOREXで取引できる通貨の一部(全88通貨ペア)をご紹介します。

  • 日本円(日本の通貨)
  • ドル(アメリカの通貨)
  • カナダドル(カナダの通貨)
  • ユーロ(ヨーロッパの通貨)
  • ポンド(イギリスの通貨)
  • スイスフラン(スイスの通貨)
  • 豪ドル(オーストラリアの通貨)
  • NZドル(ニュージーランドの通貨)
  • 南アフリカランド(南アフリカの通貨)
  • トルコリラ(トルコの通貨)
  • ・・・etc

スプレッド

iFOREXのスプレッド

外国為替証拠金取引(FX)をする時の買値と売値の差をスプレッドと言います。

FXのスプレッドは外貨預金と比較してかなり狭く設定されています。

ちなみに、このスプレッドも取引する業者によって異なります。

例えば、iFOREXというFX業者の場合、1万ドル(約100万円分)のドルを購入するのに発生する手数料(スプレッド)はたったの70円です。

※一般的に外貨預金だと100万円分のドルを購入するのに1万円ほどの手数料が発生しますが、FXの場合だと100円程度で済みます(取引する会社にもよります)。

レバレッジ

レバレッジ

レバレッジは高ければ高いほど取引に必要となる元手は小さくなります。

例えば、最大レバレッジが400倍のiFOREXだとドル円を1万通貨(100万円分)取引するのに必要な元手(証拠金)は2500円です。

ですが、最大レバレッジが25倍のDMMFXなどの国内のFX業者だとiFOREXの16倍もの元手が必要となります。

この場合、2500円の16倍なので4万円となります。

DMMFXなどの国内のFX業者:最大レバレッジ25倍

iFOREXなどの海外に本社があるFX業者:最大レバレッジ400倍※iFOREXの場合

追証

ヤバイ

急な為替変動が起きた場合、稀にFXの口座残高がマイナスになることがあります。

例えば、2019年1月3日に起きたフラッシュクラッシュでは1ドル108円から104円までドル円のレートが変動しました。

この時、ドル円のレートが一気に4円も変動したので多くのトレーダーの口座残高がマイナスになりました。

このマイナス分は一時的にFX会社が肩代わりしてくれますが、肩代わりしお金はすぐにトレーダーにFX会社から請求されます。

この請求を追証と言います。

ですが、追証が発生するのはDMMFXなどの国内のFX会社だけです。

海外に本社を置くiFOREXの場合、発生したマイナス分は全額会社が負担してくれます。

DMMFXなどの国内に本社があるFX会社:追証の請求あり

iFOREXなどの海外に本社があるFX会社:追証の請求なし(全額FX会社が負担)

スワップ金利

お金のなる木

ドル円を買いで入った場合、一般的にスワップ金利が貰えます。

スワップ金利とは、取引する通貨ペアの2国間の金利差の事を言います。

例えば、2020年2月現在のアメリカの政策金は1.50%~1.75%です。

逆に、日本の政策金利は0%です。

この金利差が大きければ大きいほど貰えるスワップ金利に差がつきます。

ちなみに、iFOREXでドル円を1万通貨持っていると毎日52円のスワップ金利が付きます(2020年2月現在)。

※スワップ金利は取引するFX会社によっても異なります。

スワップ3倍デー

やってみよう

土曜日と日曜日は為替市場が開いていません。

毎週2日間取引できない日があるため、土曜日の朝6時ごろに通常のスワップ×3のスワップ金利が受け取れます(iFOREXの場合)。

スワップ金利が受け取れるのは(火)、(水)、(木)、(金)、(土)の5日間です。

※スワップ3倍デーも利用するFX会社によって曜日や時間帯が異なります。

おすすめのFX会社

iFOREXのホームページ

管理人がおすすめするFX会社はiFOREXです。

iFOREXはギリシャに本社を置くFX会社でレバレッジは400倍。

1万円ぐらいの少額からでもFXを始めることができるという大きなメリットがあり、更には追証がないので安心して取引できます。

 

ABOUT ME
オールブルー
オールブルー
海外FXのパートナー管理人"オールブルー"です。趣味はFX。ドル円には自信があります。星座はうお座です。水を汚す人は嫌いです。 Twitterやってます♪⇒@KAIGAIFX222