【FX】負け組トレーダーの独り言

【FX】スマホでのMT4の使い方とカタカナ英語を解説

MT4

MT4にログイン

MT4

利用するFXブローカーから指定された”サーバー”、”ID”、”パスワード”を使ってログインしよう。

※普通、これらの情報はメールで送られてきます。

ログイン方法はMT4アプリを立ち上げて「設定」⇒「一番上」⇒「プラスボタン」⇒「既存のアカウントにログイン」からサーバー情報を入力しよう。

入力しても利用するFXブローカーのサーバーが出てこなかったら、利用するFXブローカーに問い合わせてみよう。

※「読み込み専用パスワード」でログインしても、取引できないので間違えないように注意しよう。

気配値の通貨ペアを編集しよう

MT4

最初は取引できる通貨ペアがランダムに「気配値」に表示されている。

これを自分好みに編集しよう。

編集方法は「気配値」から行う。

左上の「鉛筆ボタン」は通貨ペアを削除するときに使う。

逆に、右上の「+ボタン」は通貨ペアを追加するときに使う。

MT4に出てくるカタカナ英語を解説

今や世界中のトレーダーに利用されているMT4(メタトレーダー)はロシア人技術者が開発しました。

そのため、トレード画面は日本語ではなく、カタカナ英語が利用されています。

ここでは、そのカタカナ英語を分かりやすく日本語に直して解説します。

ストリーミング注文

「成り行き注文」=「ストリーミング注文」

ストップロス

「損切り注文」=「ストップロス」

テイクプロフィット

「利益確定注文」=「テイクプロフィット」

スリップページ

ストリーミング注文で注文を出した時のレートと実際に約定するレートとの間にかい離が発生するときがあります。

これがスリップページです。

スリップページは1ポイント1銭となります。

Buy Limit(バイ・リミット)

買いで入る場合の指値注文です。

つまり、通貨ペアのレートがある一定まで下落したら買いでエントリーする注文方法です。

Sell Limit(セル・リミット)

売りで入る場合の指値注文です。

つまり、通貨ペアのレートがある一定まで上昇したら売りでエントリーする注文方法です。

Buy Stop(バイ・ストップ)

買いで入る場合の逆指値注文です。

つまり、通貨ペアのレートがある一定まで上昇したら買いでエントリーする注文方法です。

Sell Stop(セル・ストップ)

売りで入る場合の逆指値注文です。

つまり、通貨ペアのレートがある一定まで下落したら売りでエントリーする注文方法です。

新規注文の入れ方

ここでは、新規注文で指値、逆指値の入れ方を解説します。

指値注文の入れ方

指値注文の入れ方

注文画面から、「ストリーミング注文(成り行き注文)」をタップすると指値注文・逆指値注文の画面に切り替わります。

買いの指値注文を入れる場合は「buy Limit」、売りの指値注文を入れる場合は「Sell Limit」から注文できます。

逆指値注文の入れ方

指値注文の入れ方

注文画面から、「ストリーミング注文(成り行き注文)」をタップすると指値注文・逆指値注文の画面に切り替わります。

買いの指値注文を入れる場合は「buy Limit」、売りの指値注文を入れる場合は「Sell Limit」から注文できます。

ポジションの決済方法

ポジションの決済方法

保有しているポジションを長押して、いくつかのメニューが出てきます。

そのうちの「クローズ」というメニューをタップすると、ポジションの成行き決済画面が表示されます。

決済注文

ちなみに、「注文変更」のメニューをクリックすると、ストップロス(逆指値決済注文)、テイクプロフィット(指値決済注文)を入れることが出来ます。

ポジションの一括決済はできる?

MT4

ポジションの一括決済は出来る??

この質問は、MT4を使い始めたばかりの方に非常に多い質問です。

答えは”No”です。

画像のように、複数のポジションを持っていた場合、ポジションは一つずつ決済する必要があります。

 

 

ABOUT ME
オールブルー
オールブルー
海外FXのパートナー管理人"オールブルー"です。趣味はFX。ドル円には自信があります。星座はうお座です。水を汚す人は嫌いです。 Twitterやってます♪⇒@KAIGAIFX222